アスタキサンチンの効果ってどんなもの?

トップページ運営者情報サイトマップ
お気に入りに追加

アスタキサンチンの優れた効果

guisaijsijisdjiosjd

世の中全体の健康志向が高まってきている現代では、『アスタキサンチン』という名前を聞いたことのない人はほとんどいないかもしれません。

このアスタキサンチン、いったいどんなもので、どんな効果を発揮する成分なのでしょうか。アスタキサンチンとはサケやイクラ、エビ、カニなどに見られる赤色やオレンジ色のカロテノイドと言われる天然色素の一種。

カロテノイドといえば、緑黄色野菜に含まれるリコピンやβカロテンなどが代表的ですが、カロテノイドにはたくさんの種類があり、600種以上が知られています。

アスタキサンチンはカロテノイドの中でも抗酸化力が特に強く、ビタミンEの1000倍、βカロテンの100倍もの抗酸化力があるという実験結果もあります。

アスタキサンチンの強力な抗酸化パワー!

老化や病気の元凶となる体内のさまざまな種類の活性酸素を除去し、物質の酸化を抑制するのが抗酸化作用を持つ物質。アスタキサンチンは、この抗酸化パワーがとても強力。

抗酸化作用のある物質のほとんどは、その効果を発揮できる場所が細胞膜の内側だけ、あるいは中心部だけ、と限られているのですが、アスタキサンチンは細胞膜の内側と中心部分の両方で働くという、スゴい能力を持っています。

アスタキサンチンは、ビタミンEやβカロテンが立ち入ることのできない脳や目にも入ることが可能なので、脳や目といった体の重要な部分にも抗酸化パワーを発揮してくれます。

そのため、眼精疲労の予防や軽減、脳の老化や病気の予防にも効果が期待できるのです。

アスタキサンチンの、具体的な健康効果は?

強力な抗酸化パワーを持つアスタキサンチンは、私たちの健康にとても役立つ、さまざまな効果があります。アスタキサンチンの具体的な効果・効能をまとめてみました。

●動脈硬化の予防
私たちの血管にあるLDLコレステロールは、活性酸素によって酸化すると悪玉コレステロールになります。悪玉コレステロールが血管に付着すると血管が老化し動脈硬化の原因となる可能性があるのです。アスタキサンチンの強力な抗酸化力で活性酸素を除去することで、LDLコレステロールの悪玉化を防ぎ、血管の老化や動脈硬化を予防する効果が期待できます。
●眼精疲労の軽減
私たちがものを見る時、目の周囲にある筋肉を使って水晶体の厚みを変えることでピントを合わせていますが、目を酷使するとこの筋肉が疲労し、ピント調整がうまくできなくなります。これが眼精疲労ですが、眼精疲労がある人がアスタキサンチンを摂取することで目のピント調整機能の改善効果が期待できます。
●筋肉痛、疲労回復
激しい運動をした翌日は筋肉痛になりやすいですが、長時間の運動により大量に発生する活性酸素で筋肉細胞の膜が破壊されることが、筋肉疲労の原因となります。運動前にアスタキサンチンを摂取すると、運動中の活性酸素を除去し、筋肉痛の予防効果が期待できます。
●ダイエット効果
運動を行う前にアスタキサンチンを摂取すると、脂質をエネルギーとして変換しやすくなります。通常よりも脂質を効率的に消費できるので、ダイエット効果が期待できメタボ対策にもなります。アスタキサンチンで運動後の肉体疲労も軽減されるので、運動を継続しやすいことも、ダイエットの成功につながります。

daieihiduks